忍者ブログ
柏崎・長岡(旧柏崎県)発、 歴史・文化・人物史
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [39] [38] [37] [36]

 皆さんへ

 河井継之助記念館が、昨年、長岡に完成しておよそ10ヶ月、この間の入場者がおよそ9000人に達したそうです。 河井継之助に関しては、地元である長岡においても賛否両論の評価があり、記念館設立には、紆余曲折があったと聞いています。 ただ、司馬遼太郎が『峠』を著し、継之助の評価は、一変したと聞きます。 特に、長岡あるいは新潟県外の人々の関心が高く、来館者も県外の人が多いそうです。

 来館者の中には、米国在住の方もおられたとか。 しかも、20万円を寄付されたそうです。 ところが、現在、記念館は長岡市の商工部観光課の管轄下にあり、現金での寄付は、手続き上記念館に反映されないようです。 そこで、書籍を買い、それを寄贈する形式をとったと聞きます。 同様のケースのほか、来館者から記念品のようなものはないのかとか、土産物があってもよいのではないかと言う意見があったそうです。

 そこで、今年の6月、寄付金の受皿や市としては難しい記念品・土産物を扱う組織が必要ではないかという話が出たそうです。 その組織が「友の会」です。 設立の趣旨等に付きましては、添付の入会募集のチラシに掲載されています。

 尚、私は、駒形さんのお誘いで、設立の準備会に参加させて頂きました。 河井継之助に関しては、以前、何度か書いていますが、実際のところ、何冊かの関連書籍や小説を読んでいますが、むしろ学際ネットワークの中の一人として、追いかけていたのが事実です。 ただ、現在の社会情勢などを考えると、河井継之助の生き様の中に、何かしら感じるものがあり、皆さんに入会の御案内をお送りする次第です。 添付のチラシ、御一読頂ければ、幸いです。

Best regards
梶谷恭巨

 案内、御要望の方は、コメントに一言。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/05/18
職業:
よろず相談家業
趣味:
歴史研究、読書
自己紹介:
柏崎マイコンクラブ顧問
河井継之助記念館友の会会員
最新コメント
[07/10 田邊]
[07/10 田邊]
[04/08 カセイジン]
[11/06 目黒 俊作]
[06/23 ぬりえ屋]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索