忍者ブログ
柏崎・長岡(旧柏崎県)発、 歴史・文化・人物史
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回に引き続き、法科大学編入時及び在学中の教師を紹介する。

○法理学
 講師
 
加藤弘之: 1836年8月5日(天保7年6月23日)、但馬国出石藩(現、兵庫県豊岡市)の家老・加藤正照(母・錫子)の長男として生まれた。 1852年(嘉永5年)、出府して佐久間象山に洋式兵学を、1854年(安政元年)、大木仲益(坪井為春、蘭医・坪井信道の養子)に蘭学を学び、1860年(万延元年)、蕃書調所教授手伝、1864年(元治元年)、幕臣取り立てられ開成所教授職並、1868年(慶応4年)1月、目付、1869年(明治2年)、新政府に出仕、外務大丞、以後、1873年(明治6年)、明六社(森有礼提唱に、福沢諭吉や西周らと参加)、1877年、東京開成学校綜理、1881年7月、制度改正により旧東京大学初代綜理(~1887年1月)、1890年(明治23年)5月、改制により帝国大学第二代総長、同9月30日、貴族院議員に勅撰(~1906年12月15日)、1900年、男爵叙爵、1906年7月、帝国学士院長、同12月10日、枢密顧問官、1916年(大正5年)2月9日、没、享年79歳。
 長男・加藤照麿(医学博士)、孫に、直系嗣子の女子美術大学学長・加藤成之、弁護士・推理小説家の濱尾四郎(照麿四男、文部大臣・東京帝国大学第八代総長・濱尾新の養子)、変ったところでは、喜劇役者の古川緑波(照麿の六男)がいる。
 初め「天賦人権説」による啓蒙思想に傾倒したが、進化論による「社会進化論」から民権思想を批判する立場に転向、天賦人権論の視点から著した『真政大意』と『国体新論』の絶版を宣言した。この問題は、その経緯から「天皇機関説」との関わりが推測されるが、今のところ詳細は不明である。
 
Best regards
梶谷恭巨


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
年齢:
70
性別:
男性
誕生日:
1947/05/18
職業:
よろず相談家業
趣味:
歴史研究、読書
自己紹介:
柏崎マイコンクラブ顧問
河井継之助記念館友の会会員
最新コメント
[07/10 田邊]
[07/10 田邊]
[04/08 カセイジン]
[11/06 目黒 俊作]
[06/23 ぬりえ屋]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索