柏崎・長岡(旧柏崎県)発、 歴史・文化・人物史
[274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264]

『くぢらなみ』(9)の続き。

(3)「元暦元年十二月廿六日」の段に、→ 第二冊169頁5行目

 

 廿六日 辛巳(かのとみ) 佐々木三郎盛綱、自馬渡備前国兒嶋、

 (二十六日辛巳(かのとみ) 佐々木の三郎盛綱、馬より備前の国児島(こじま)を渡し、)

追伐左馬頭平行盛朝臣事。

()()(かみ)行盛朝臣(あそん)を追伐する事。)

今日以御書蒙御感之仰。其詞曰、

(今日、御書(ごしょ)をもって御感(ぎょかん)(おお)(こうむ)る。その(ことば)(いわ)、)

 自昔雖有渡河水之類、未聞以馬凌海浪之例、

  (昔より、河水(かすい)を渡すの(たぐい)有りといえども、未だ馬を以て海浪(かいろう)(しの)ぐの例を聞かず、)

盛綱振舞、希代勝事也、云々。

(盛綱が振る舞い、希代(きだい)勝事(しょうじ)なっり、うんぬん。)

 

(4)「元暦二年六月廿五日」の段に、→ 第三冊80頁6行目

 

 廿五日 丙子(ひのえね) 佐々木三郎盛経者、平家在世之程者、

(二十五日丙子(ひのえね) 佐々木三郎(もり)(つね)は、平家在世(ざいせ)()は、)

奉背源家、於事現不忠、而彼氏族城外之後、

 源家(げんけ)(そむ)(たてまつ)り、事に()て不忠を(あら)わす、しかるに()氏族(しぞく)(きがい)(のち)、)

奉追従、遂去年一谷戦、子息俊経討取越前三位通盛、訖。

追従(ついじゅう)(たてまつ)り、去年(きょねん)一ノ谷の合戦を()げ、、子息(とし)(つね)、越前の三位(さんみ)通盛を討ち取り、おわしむ。)

仍雖望其賞、令悪先非給之間、敢無御許容之處、

(よって、その賞を望むといえども先非(せんぴ)をにくましめ給うの間、あえて御許容(ごきょよう)無きの処、)

属侍従公佐朝臣、頻依愁申之、募子息之功、

侍従(じじゅう)公佐(きんさ)朝臣(あそん)(ぞく)し、(しき)これを(うれ)(もう)すによって、子息の功に(つの)り、)

本知行所者可被沙汰付之申、有御契約、云々。

(本知行所(ちぎょうしょ)は、沙汰(さた)に付けらるべきの(よし)御契約(ごけいやく)有りと、うんぬん。)

 

 今回は、ここまで。

 

Best regards


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カウンター
プロフィール
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1947/05/18
職業:
よろず相談家業
趣味:
歴史研究、読書
自己紹介:
柏崎マイコンクラブ顧問
河井継之助記念館友の会会員
最新コメント
[04/17 梶谷恭巨]
[04/17 まつ]
[03/21 梶谷恭巨]
[11/18 古見酒]
[07/10 田邊]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索